Web担当者で最初からWeb管理のスキルがある方は少ないです。

Web制作会社さんなど制作系から転職し、Web担当者になることもあります。しかし、企業内の総合職の方が担当されることも多く、もともと制作スキルがある場合は少ないです。

Web担当者に必要なスキルはいくつかあります。

まずは、全体的なWebマーケティングの知識。クリエイティブ作成などは広告代理店さんや制作会社さんが行いますが、指示出しや管理が必要です。しかし、Webマーケティングの全体的な知識、用語、考え方、Webでの集客のトレンドと主要なWeb集客の違い、効果測定方法、大体の予算感、などがわからなければ、効果的なWebマーケティングを行うことができません。

その次に、Webに関する技術です。ホームページや集客に関するの管理システム、SNSなど、細かい修正も担当者さんで行うことになります。その場合に、ライティング、バナーなどの画像作成、文字装飾のためのhtml基礎知識、などが必要になることがあります。

御社内で使っているシステムや、情報発信の方法など、実務に即した内容で、指導などを行います。細かい技術の習得を目指しながらも、Web担当者の業務を全体的に考えられるように、指導いたします。もちろん、上司の方の意向を伺いながら、どういった方針で進めるを相談させていただきます。

こんな方にお勧めです

  • Web担当業務の内容を把握できていないと感じる方

まずは、「お試し集客レポート作成(コンサルティング)」を受けていただきます。
その上で、御社のお役に立てそうかどうか、ご判断くださいね。

料金 3ヶ月更新の月ぎめプランと、単発でご相談いただく方法がございます。

価格については、初回のコンサルティングの時点で、概算を提示させていただきます。

サポート内容 サポート内容は、御社の状況に応じて、臨機応変に対応いたします。 対面での指導やサポートを重視しております。結果を出すために、特に最初の頃は、月に数回、対面での指導をさせていただきます。

内容は、

  • 集客面と技術面のアドバイスを行う
  • 行ったことへの検証と改善案提案、技術面での指導
  • 目標に応じて、何をどうするべきかを指導
  • 画像やテキストの表現の改善
  • アクセス解析を紐解き問題点と改善方法を提示
  • Web広告のアドバイス
  • SNSマーケティングの指導
  • ネットショップの売上向上のためのアドバイス

上記の必要なものについて、指導とサポートをさせていただきます。

詳細 特に、解約の申し入れや、期間が決まっていないものについては、自動的に契約を更新させていただきます。

もし、更新作業や調査などを代行させていただく場合は、別見積りで代行させていただきます。
更新作業というのは、画像修正、画像作成、html編集、システム設定、プログラム修正、指示書作代行などです。